ESTA - 日本国民のESTA申請について


This page is available in the following languages: ENGLISH | JAPANESE

国: 日本

ESTA の要否:

日本はビザ免除プログラム(Visa Waiver Program:VWP)に参加しているため、米国への渡航にビザが免除されています。2009年1月12日より、VWPを利用する際は電子渡航認証システム(the Electronic System for Travel Authorization :ESTA)が必要となりました。ESTAは、日本を含むVWP参加国の渡航者向けの渡航申請システムです。機械読み取り式パスポートを所持する渡航者の渡米を簡素化します。このたび、セキュリティ強化のため米国渡航者は事前にESTAを取得することが義務付けられました。入国許可には、機械読み取り式パスポートまたはeパスポートが通常通り必要となります。ESTA申請手続きはすべてオンラインで行われており、米国国土安全保障省(DHS)が管理しています。

渡航認証はビザではありません。VWP非参加国の渡航者は渡航認証を申請することができません。ESTAは、VWP参加国の渡航者が出国する前にDHSがあらかじめ審査することを目的としています。日本人渡航者は米国に出発する72時間前に渡航認証を申請するよう推奨されています。渡航認証は入国を保証するものではありませんが、空路または海路での米国入国が前提条件とされています。


ESTAに関する重要事項:

  • 電子渡航認証システム(ESTA)はビザではありません。空路または海路での米国入国を事前承認するものです。
  • ESTAは、ビザ免除プログラム(VWP)参加国の渡航者が出国する前に米国政府があらかじめ審査することを目的としています。
  • 日本を含むVWP参加37カ国の渡航者が米国入国する際、申請が必ず必要です。
  • 米国へ出発する72時間前に渡航認証を申請するよう推奨されています。
  • ESTA申請が拒否された場合、B-1短期商用ビザもしくはB-2観光ビザを取得しなければいけません。
  • ESTA渡航認証は米国への入国を保証するものではありません。

ESTAを申請しなければならないのですか?

  • 2009年1月12日より、米国入国許可を受けようとするVWP参加国の渡航者は電子渡航認証システム(ESTA)を申請する必要があります。
  • ESTAと公認証は2年間有効で、今後渡航する際も簡単に更新できます。

ESTAを申請する必要のある方

  • 空路または海路で米国に渡航する、すべてのビザ免除プログラム(VWP)参加国の方。
  • 第3国へ渡航する途中米国を経由する、すべてのVWP参加国の方。
  • 米国に渡航もしくは米国を経由するお子様も電子渡航認証システム(ESTA)申請が必要です。

ESTA申請について

オンライン申請手続き

申請は5分程度で完了します

99%以上の許可率(出典:米国政府)

2009年1月12日より義務化

2年間有効