免責事項: ESTA.us では電子渡航認証システムに関する情報を提供しています。このウェブサイトは個人が所有しており、米国政府とは提携していません。追加の処理料金を支払うことにより、ESTAの申請を代行するサードパーティのウェブサイトにリンクします。お客様は民間企業を使用して申請を行うか政府の公式ポータルから渡航認証を送信するかを選択できます: esta.cbp.dhs.gov/esta

事前旅客情報システム(APIS&eAPIS)の説明

2019-05-09


APIS & eAPIS - 事前旅客情報システムの説明

米国が国境警備を真剣に考えていることはご存知だと思います。その一方でそれは毎回プライバシーが侵害されているように感じるこかもしれません。しかしさらにその一方で、近年の米国の歴史を考えると一体誰が国内に出入りしているのかを詳しく調べる必要があることも理解できると思います。


APISとは?

事前旅客情報システムあるいはAPISでは国外の渡航者の情報は入国前に国土安全保障省(DHS)に渡される必要があります。 APISの情報を扱う機関は米国税関国境警備局(CBP)です。実際にはこれはあなたがビジネスを目的とし渡航する場合、利用する航空会社がパスポートに従ってあなたの氏名と性別、国籍と居住国まで乗客に関する情報をすべて引き渡すことを意味します。

米国以外にも旅客情報に関する規則がある国があります。カナダ、フランス、中国などの国でも、国境を越えて移動する人々を追跡するための同様のシステムが存在します。航空会社によっては、フライトの72時間前までにこの情報を提供する必要があることがあるため、海外旅行には事前に計画を立てることが重要です。ルールが実施されて以来、必要な詳細を提出するプロセスは合理化されています。フライトで座席を予約しようとしているときに記入した質問をすべて覚えていますか。当該の航空会社は離陸前にそれらすべてを収集し、必要な機関に送信する必要があります。


eAPISとは何ですか?

大量の個人を特定する情報を送信する場合、どのように正確に実施されるのでしょうか。民間航空機は eAPISを使用しています。これは小規模の商用通信事業者がデータをCBPに電子的に送信できるようにする公的なウェブサイトです。これは飛行機が離陸する少なくとも1時間前に乗客名簿と共に用意されます。その場合パイロットは各乗客について必要なすべての情報を収集し、米国政府に送信する責任があります。

インターネットにアクセスできない遠隔地から出発する私用便が、乗客リストを送信するために再び米国外に着陸しなければならないことがあります。これはeAPISが一般的にアメリカ政府によって運営されている簡単なウェブサイトポータルを通じ、使用されているからです。これにはパイロットによりパスワードを忘れた場合なども含まれます。


アメリカでの滞在先住所

米国での宿泊先の正確な住所を尋ねられたことはありますか。この情報は多くの関税調査票の一部ですが、米国では国内にいる間の宿泊先の正確な住所(郵便番号を含む)を知っておく必要があります。クルーズを利用する乗客は船の名前と乗船する都市を知る必要があります。

当然のことながら、APIシステムにも欠陥がある可能性があります。旅行者は完全に架空のものと判明した理由でフラグを立てられる可能性があります。その場合それ以外の方法で飛行することを許可されている場合には救済番号が提供されることがあります。これはこのような場合にDHSが発行する参照番号であり、将来的に米国への入国が少しスムーズになるようにするためのものです。





   ESTAの申請   |    VWP   |   確認-ESTAのステ   |    ESTAの更新