日本人ためのESTAビザ申請


このページは以下の言語でご覧になれます。 ENGLISH | JAPANESE

国: 日本

概要: Tokyo

ESTAが必要です: はい

1988年12月16日に日本はアメリカ合衆国のビザ免除プログラム(VWP)に参加する世界で二番目の国となりました。多くの日本国民が米国を訪問するためにビザを申請する必要がなくなったため、両国間の旅行を合理化し、2009年には電子渡航認証システム(ESTA)が導入され米国渡航がさらに容易になりました。これによりすべての日本の旅行者がビジネス、 観光(医療目的を含む)、単位に含まれない留学プログラム等を目的とし、ESTAを利用して上限90日間アメリカを訪問することができるようになりました。

ESTAはビザではないので、ビザの取得が必要な方もいる可能性があります。そのため渡航前にアメリカに渡航する理由を知ることが重要です。渡航の理由が上記の目的と一致しない場合は、観光ビザ(B1 / 2)を申請する必要があります。


日本人訪問者の米国イミグレーション統計(2017):

  • 日本からの訪問者の合計数:3 975 012
  • 承認済みのESTA申請:3 672 493
  • 学生および交換留学生等:66 006
  • 臨時雇用者および家族関連の申請:189 707
  • 外交官やその他の公式の代表者:15 578
  • 他の種類の訪問者カテゴリ:5 545

日本の東京からアメリカへの旅行

米国への接続が強固な日本で最も混雑している3つの空港は羽田空港(HND) - 東京、成田国際空港(NRT) - 東京、および関西国際空港(KIX) - 大阪です。

羽田空港アメリカ行きの直行便:

羽田 – ホノルル:

飛行時間:7時間20分
人気の航空会社:ハワイアン、ANA

羽田 – ロサンゼルス:

飛行時間:10時間
人気のある航空会社:デルタ、アメリカ、ANA

羽田 – ニューヨーク:

飛行時間:12時間55分
人気のある航空会社:ANAとJAL

羽田 – シカゴ:

飛行時間:11時間50分
人気の航空会社:ANA

 

成田国際空港アメリカ行きの直行便:

成田 – ホノルル:

飛行時間:7時間10分
人気の航空会社:大韓航空、ユナイテッド、ハワイアン

成田 - アトランタ:

飛行時間:12時間20分
人気の航空会社:デルタ

成田 – ロサンゼルス:

飛行時間:10時間
人気の航空会社:ユナイテッド、アメリカン、およびJAL

成田 – シカゴ:

飛行時間:11時間45分
人気航空会社:JAL、ANA、ユナイテッド

成田 – デンバー:

飛行時間:10時間35分
人気の航空会社:ユナイテッド

成田 – ニューヨーク:

飛行時間:12時間55分
人気の航空会社:ANA、ユナイテッド、JAL

成田–ダラス:

飛行時間:11時間40分
人気のある航空会社:アメリカンとJAL

 

関西国際空港アメリカ行きの直行便:

関西国際空港 – ホノルル:

飛行時間:8時間30分
人気のある航空会社:スクート、ハワイアン、デルタ

関西国際空港 – サンフランシスコ:

飛行時間:9時間50分
人気の航空会社:ユナイテッド

関西国際空港 – シアトル:

飛行時間:9時間40分
人気の航空会社:デルタ

関西国際空港 – ロサンゼルス:

飛行時間:10時間20分
人気の航空会社:JAL

*こちらの概要ではグアムへのフライトを追加していませんが、日本の多くの空港から4時間以内でグアム島に到着することができます

 

日本人はいつESTAを申請すればよいですか?

2018年、ESTAを利用して渡航するすべての方が航空機に搭乗する少なくとも72時間前にESTAを申請することが必須となりました。日本人は渡航認証(ESTA)が承認されていることを確認するために、適時に申請することをおすすめします。却下された場合、申請者が最寄りの米国大使館で観光ビザを申請する必要があります。米国を訪問する予定がある場合、できるだけ早く申請してください。 ESTA の申請の詳細はこちらをご覧ください。

ESTAを承認された日本人旅行者はステータスを確認したり最新の情報に更新することができます。詳細についてはこのページにアクセスしてください。 ESTAを確認/更新.

 

 


簡単な事実

日本人旅行者はESTAをオンラインから申し込むことができます

ESTAは日本からの訪問者に対して2年間有効です。

日本国民は承認されたESTAで最長90日間アメリカに滞在できます。

日本の過剰滞在率はわずか0.20%です。