免責事項: ESTA.us では電子渡航認証システムに関する情報を提供しています。このウェブサイトは個人が所有しており、米国政府とは提携していません。追加の処理料金を支払うことにより、ESTAの申請を代行するサードパーティのウェブサイトにリンクします。お客様は民間企業を使用して申請を行うか政府の公式ポータルから渡航認証を送信するかを選択できます: esta.cbp.dhs.gov/esta

ビザ免除国


現在ビザ免除国は38カ国あり、2009年1月12日以降、空路または海路から米国を訪問するには承認されたESTA渡航認証が必要です。 これらの国のいずれかのパスポートを保持している個人は特定の条件下でビザ免除プログラムを利用し、米国を訪問することができます。 他の国からのパスポートをお持ちの旅行者は事前にB-1またはB-2ビジタービザを取得する必要があります。なおI-94Wフォームは通常、飛行中または米国の入国時に記入しますが事前にオンラインから渡航認証(ESTA)を申請する必要があります。


ESTAの申請


対象国のリスト

  • アンドラ
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • ベルギー
  • ブルネイ
  • チリ
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • エストニア
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • アイルランド
  • イタリア
  • 日本
  • ラトビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マルタ
  • モナコ
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ノルウェイ
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • サンマリノ
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • 韓国
  • スペイン
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • 英国*
*(イギリス、北アイルランド、スコットランドとウェールズ)


ビザ免除プログラムとは?

ビザ免除プログラムはビザを取得せずに最大90日間、38カ国の国民がビジネスまたは観光を目的とし米国に入国することを可能にする米国政府のプログラムです。 ビザ免除プログラムに基づいて米国に入国する利点はビザを取得せずに短期間で米国に渡航できることです。 ビザ免除者は米国への航空または海路での入国には承認された渡航認証(ESTA)が必要です。

ビザ免除プログラムに関する重要な事実:

  • ビザ免除プログラムに基づいて米国に入国する旅行者は最長90日間国内に滞在することが許可されています。 延長はできません。
  • すべてのビザ免除の旅行者には、機械読み取り可能なパスポートが必要です。
  • 承認されたESTA(米国渡航認証)は2009年1月12日以降、米国へビザ免除プログラムを利用し、空路または海路で入国する旅行者に必須です。
  • 米国国務省はビザ免除プログラムに国を追加または削除することがあります。 アルゼンチンとウルグアイが最近除外され、以下の国が追加されました:チェコ共和国、エストニア、ギリシャ、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、マルタ、スロバキア、韓国。
  • ビザ免除プログラムは、通常VWP (Visa Waiver Program)と略します
  • ビザ免除プログラムは1986年にアメリカ合衆国の観光産業を活性化する目的で設立されました。

あなたが米国市民の場合他の要件はあなたにとって重要であるかもしれません。 ここからこれらの要件についてさらに読むことができます。

カナダはビザ免除プログラムには含まれていません。またカナダ国民が米国との国境を越える場合には他にも要件があります。 あなたはここからこれらの要件についてもっと学ぶことができます。