ESTAの申請


ESTAは「電子渡航認証システム」の略です。ESTAは米国への入国が許可される前に旅行者の事前審査を行うために米国政府によって開発されたオンライン申請システムです。2009年1月12日に施行されたセキュリティ規制の強化により、ビザ免除プログラムを利用して旅行する旅行者は米国への旅行の前に渡航認証を申請する必要があります。また米国に入国するためには、旅行者全員が機械可読のパスポートを持っている必要があります。ESTAの申請プロセスは すべてオンラインから行われ、米国国土安全保障省(DHS)によって運営されています。


ESTAに関する重要な事実:

  • ESTA (米国渡航認証)はビザではありません。 米国行きの船または飛行機に搭乗する前に承認が必要なシステムです。
  • ESTAの目的は米国政府がすべてのビザ免除渡航者がそれぞれの国を離れる前に事前に審査することです。
  • ビザ免除プログラムに基づいて、38カ国のビザ免除国の市民のみが申請できます。
  • 出発の少なくとも72時間前に ESTAを申請することをおすすめします 。
  • ESTA申請が却下された場合は、B-1ビジタービザまたはB-2観光ビザを申請する必要があります。
  • 承認されたESTA渡航認証は、アメリカ合衆国への入国を保証するものではありません。

ESTAを申請する理由とは?

  • 2009年1月12 日 以降ビザ免除国の市民が米国に入国する際の資格を得るためにESTA(米国渡航認証)の申請をしなければなりません 。
  • ESTA渡航認証は最長2年間有効で、今後の訪問のために簡単に更新することができます。

誰がESTA を申請する必要があり ますか?

  • ビザ免除プログラムに基づいて米国を訪問する予定で、空路または海路から米国に入国しようとしている者。
  • ビザ免除プログラムに基づき米国で乗り継ぎをする人。
  • ビザ免除プログラムに基づいて訪問または通過している子供や幼児もビザ免除プログラムに基づき、渡航および乗り継ぎする場合には承認されたESTAの取得が必要です。

 



 


ESTAの申請について

オンライン申請プロセス

申し込みは15分以内で完了します

99%以上の承認率(出典:DHS)

2009年1月12日以降必須

最長2年間有効


ESTAフォームに4つの簡単なステップで記入する

ビザ免除国のパスポートを保持している旅行者は承認されたESTA渡航認証を得て米国に入国することができます。あなたはビザ免除プログラムを利用して米国への渡航を可能にするパスポートを所有していますか? 答えが「はい」の場合、ESTAの承認が必要になります。以下がフォームを完成するための4つの簡単なステップです:

  • ステップ1 - 「クリックして申請」ボタンをクリックして、ESTAフォームを起動します。 申請者の名前、性別、Eメール、生年月日、パスポート番号など、必要な情報をすべて入力します。 必要な情報をすべて入力したら2番目のステップに進むことができます。
  • ステップ2 - 市民権、緊急連絡先、米国内の住所など、必要な情報を入力します。 必要な情報をすべて入力したら3番目のステップに進むことができます。
  • ステップ3 - 3番目のステップでは、姓、名、支払いの詳細および請求先情報を入力できます。 安全な支払いを実施し、3番目のステップを完了してください。
  • ステップ4 - 4番目のステップでは審査と処理のために申請書を正常に送信したことがわかります。承認された場合PDF形式の電子メールでESTAを受け取ります。

オンラインからESTAのフォームに記入するために必要な情報は何ですか?

  • 名前、生年月日、勤務先メールアドレス
  • あなたのご両親の名前
  • パスポートの詳細(番号、発行国、有効期限)。
  • あなたの緊急連絡先 。
  • 申請時の米国での滞在先の住所(米国経由の場合は不要)
  • もしあれば感染症の罹患歴についての情報。
  • あなたの逮捕歴または特定の犯罪に対する有罪判決の履歴に関する情報(ある場合)。
  • もしあれば国外追放またはビザの取消しの履歴に関する情報。

すでに承認済みのESTA申請がある場合はここをチェックしてください 。