ギリシャ国民のためのESTA:2年間有効になりました

2019-05-15


ギリシャ国民のESTAが2年間有効になりました

アメリカへの渡航を考えているギリシャ人にとって申請プロセスが少し簡単になりました。以前と同様にギリシャ国民は電子渡航認証システム (ESTA) を申請することができます。以前との違いは何でしょうか?この権利は以前は1年間のみ有効でした。今月(2019年4月)の時点で2年に延長され、他の主要国が米国と共有するビザ免除プログラムとより密接に連携するようになりました。


ESTAとは?

娯楽や出張を目的としアメリカ人以外の人がアメリカに渡航する前に、特定のステップをとる必要があります。承認までにかかるステップの数や難易度は通常その人の国籍により異なります。一部の政府は旅行者の安全と国境を越えた深刻な犯罪者の移動に対する警戒に同等の重点を置いています。これらの国々は一般的にそれらの間の旅行のために互恵協定を持っています。

米国国務省の一部である、ビザ免除プログラム(VWP)では米国へ容易に渡航できる国がリスト化されています。これらのビザ免除を受けることにより、正式なビザを申請せずに上限90日までアメリカに滞在することが可能になります。申請者が免除を受けると通常2年以内のビザなしでの渡航が許可されます。 ESTAは観光、出張、医療や乗り継ぎを目的とし使用できます。


どんな論争があったのでしょうか?

ギリシャは2010年以降リストに載っていましたが、イギリスや日本のような国と同様の立場を得るためのパッセンジャーネームリコード(PNR)法の可決までに時間を要しました。アメリカ国務省は以前ギリシャが対テロリズムにどの程度投資したかや、同国を去った犯罪者の特定に関して懸念をもっていました。ギリシャ政府側の協力もあり、ESTA免除は現在ギリシャ国民に対して2年間有効になりました。

国境やテロの脅威に関心があることで知られているため、米国は国内旅行に多くの制限を設けています。旅行の前に提出されるESTAの申請を行うことでアメリカ滞在をスムーズにするのを助けます。旅行者の情報が国土安全保障省に提出されると、彼らは彼らの飛行または米国行きの船に乗船することができるかどうかを知ることができます。ESTAは遅くても渡航72時間前までに申請する必要がありますが旅行を計画したらすぐに渡航申請をすることを強くおすすめします。成人から幼児まで家族全員が一人一人にESTAの申請、免除が必要になります。

この厳格な安全を求める声はギリシャに対してのみではありませんでした。 2018年、欧州委員会はフィンランド、フランス、ポルトガルやその他の小さな国々に対しても旅行前に旅行者に識別情報の提供を義務付けるために必要な法制度の変更を行うよう求めました。これには通常、乗客の氏名、旅行日程や旅程、連絡先の詳細やフライト、船や宿泊施設への支払い方法等が含まれます。ギリシャの協力はギリシャ国民にとって大きな前進となりました。